庵主ご挨拶

八洲庵の当主、田中 宗悟と申します。 寺院の僧侶でもあり、華道の家元、茶道の教授を務めております。 華道と茶道は日本の代表的な文化だといわれ、いずれも深いつながりと関連性があり、今日の日本人の精神的側面を支えていると言っても過言ではないかもしれません。この八洲庵は50年前に設立され、今までに700名以上が入門し八洲庵で学び、現在も多くのお弟子さんがお稽古に通ってきております。 従来特別なイベントの折、ご招待したお客様のみに催してきました、「昼食を交えての客作法講習会」や「期間を区切った茶道入門教室」、そして「英語による茶道入門教室」など、好評だった講習会や教室をより充実したコースにまとめて、体験を希望される皆様がご参加しやすいように改めてみました。またこの機会にホームページも一新しましたので、お弟子さんと皆様との接点が、より広く、深くなるように願っております。 私が華道と茶道の手ほどきを親から教わったのは6歳ごろでした。しかし実際にマスターできたと思ったのは30を過ぎたころです。広く深くそして継続した修養が必要だと思いますが、同時に多くの生徒さんを長年教えてきたことにより、自分自身の勉強にもなったことは貴重な経験でした。 八洲庵での皆様との出合いを通して、四季折々の露地の風情や花を愛で、一椀の茶を通して互いに学びえれば、これ以上の私の楽しみはありません。 どうぞよろしくお願いいたします。

八洲庵の雰囲気

八洲庵の茶道教室では若い方を中心に、皆さん和気あいあいとお稽古を行っております。
基本のお稽古はもちろん、立礼,茶事,茶箱,七事式,炭点前,灰形,茶花など生徒さんのご要望に応じお稽古します。
日本文化を経験していただくための英語による茶道体験や茶道教室も開催しております。

八洲庵・清々庵ギャラリー

華道については直接お問い合わせください。